空間認識ロボコミュニケーター

Last modified date

空間認識ロボコミュニケーターは、VRのセンサーとコントローラーを使って空間を認識し、ユーザーが指し示したオブジェクトに対してロボットが説明してくれるアプリケーションです。ユーザーはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)をかぶらずに、気軽に利用できるのが大きな特徴です。

設定方法 | How to setup

設定する場合もコントローラとロボットのみでHMDを使わずに簡単に登録できるようにしています。


Share