スマートMRナビゲーションは、スマートフォンを使った施設内のナビゲーションのデモアプリです。これまでのARナビゲーションとは異なりマーカー画像等を用意する必要はなく、カメラで認識された空間に紐づけて、簡単に情報をマッピングすることが可能になります。施設内のナビゲーションやガイド、エンターテイメントコンテンツなどに応用が期待できます。

Googleの提供するTango(ARプラットフォーム)対応のAndroid端末だけではなく、2017年秋に公開されるiOS11に搭載のARKit対応のiPhoneでの活用も期待できそうです。

iPhone版 スマートMRナビゲーション



Google Tangoと iOS ARKitの違い

  • ARKitは水平面(床)のみを認識するが、Tangoは水平面(床)と垂直面(壁)を認識することができる。
  • ARKitは画像認識による空間認識なので、Tangoよりも光に弱い印象。若干精度も落ちるか?(新型iPhoneでどこまで改善されるか期待)